英語でケンカする!

ロンドン在住。日頃イギリス人と派手にケンカしております。
でも英語でケンカは、日本人には不利。
一発で効く言葉、正しい論法、必ず勝てる方法を紹介します。負けないぞ!





このブログのすべての文章は著作権によって保護されています。
著作権保有者に無断での使用および転載は法律で禁じられています。
<< Always 三丁目の夕日。英米なら誘拐監禁で20年の刑? | TOP | ノストラダムス規模のリセットボタンとは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
おばさん=パート=食わせてもらっている人々 なのか?
この日本で、”オバサン”のイメージは、かよわい奥さんだ。
その女性が不細工ですごく骨太で、ぜんぜんか弱くなんか見えなくても、一応その人たちには旦那という生活面のスポンサーがいて、か弱い奥さんは主要な働き手になる必要がない、と思われている。

ここまで多様化した時代にも、日本の企業経営者たちは、相変わらずその画一化されたイメージを捨てようとしない。二言目には、「旦那に食わせてもらってるんだからいいだろう」という常套句が飛び出す。「歳をくった女性は結婚している、食わせてもらっている、生活に困ってない」が前提では困る。これはもう今後の世の中では通用しない常識である。

日本では、オバサンに対して、独り立ちしていけるような仕組みがまるで整っていない。この点において、日本は超後進国である。

パートでも臨時雇用でも、とにかく働く人間にはフェアになれ。企業で社員で男だと全員が「男は何かと責任があって大変だ」とでも思うのか。とんでもない。パートでも意識高く責任をもって重要な仕事をしている人もいるし(ブックオフの出世物語のように)逆に、社員でも給料泥棒でただぶらぶらしているだけの、全くの無能ジジイならこの日本に掃いて捨てるほどいる。

そういう奴らと別れて、せめて残りの人生をこれから一人でやっていきたいと思う女性たちが、来年の4月の年金分割をのときをじっと待っているのが現状だ。
この人たちが晴れて一人になったとき、きちんと働きたくても結局パートの仕事に就くのがやっと、ということになるだろう。週に20時間程度が体の限界だけど、それでもどうにかして生活費を稼ぎたい、という人もいるだろう。なのに、パートのオバサンには保険を適用するべきではない、と言い張る人々がいる。

このニュースだ。激しい怒りがわいた。


日本フードサービス協会など外食関連業界の6団体は6日、都内で集会を開き、厚生年金のパート労働者への適用拡大に反対する声明を採択した。今後、署名集めなどを通じ国に働き掛ける。

同協会によると、外食産業の全従業員の9割近い約360万人がパート労働者。適用対象が広がれば、保険料負担で企業が倒産し、パート従業員の家計も圧迫すると主張している。

集会には約180人が参加した。日本フードサービス協会の米浜和英会長は、パート労働者の多くが年金制度に不信を抱き、適用拡大に反対していると指摘。参加者からは「年金財政を企業負担で穴埋めするのはおかしい」「弱者にしわ寄せする安易な政策だ」といった声が上がった。

この、”日本フードサービス協会など外食関連業界の6団体”の連中は、オバサンたちは十把一絡げ、みんなが旦那という人間の庇護のもとにあって、未来永劫そのまま守ってもらい続ける、ということを前提にパート社員の給料を設定し、そして商品の末端価格も決めているのだ。
一時の損得しか考えない、非常に視野の狭い考え方であり、こんな風に大集会を開いて反対を唱え意志の統一を図るなど、とうてい許容しがたい愚かな行為でる。

そんなことをするくらいなら、まずのらくらと管理職などをして時間を潰しているだけの無能で高給の社員をクビにしろ。それから値上げするしかない商品なら、ためらわずに上げろ。
そして、このように宣言するのだ。
「私たちはパート社員の社会参加、経済的自立支援の一環として、全員社会保険に入ってもらいました。しかしパート社員の数は多く、保険の半額負担は固定費を大幅に増やすことになります。そのため商品の値上げを余儀なくされました。経営陣一同で話し合った結果、目先の利益ではなく、将来にわたる社会全体の利益を考え、値上げを敢行いたしました。パート社員の地位を高め、本当に豊かで経済弱者のいない社会になったとき、そこは豊かで安心して暮らせる場所になります。お客様たちが私どもの商品を選んでくださることを楽しみにしております」

このような宣言をした会社なら、私は生涯その会社のファンになり、友人にも機会あれば常に語り続けることになろう。
食品業界で働くパート社員はもちろんオバサンたちだ。しかし、そんな食品業界の最大のお客様もまたオバサン。

つまりオバサンたちを手厚く待遇することによって、その恩恵はまわりまわって必ず自分のところに還ってくる。
そんなことにも気がつかない、食品業界のアホども。

Are you blind? あんた目は見えてるのかい?


| - | 02:44 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 02:44 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
今晩は、ご無沙汰してました。

私は、まだ学生という事もあって一般的に言う『大人の世界』は分からないし(あまり知りたくもないですけど…)、きっと私の文句を"大人"が聞けば、「小僧が生意気言うな!!」って言われそうですが、レッド金魚さんが言っていた"超後進国"、今の日本にぴったりだと思います。

日本が国民に借金してる⇒総理を始めとする国会議員や都道府県知事の給料を下げれば良くないですか?それを差し置いて、「お金がないから増税します」…おい、安倍さんそれは理不尽ではないかい?状態です。安倍さんが言う『美しい国、日本…云々』は、こういう国なんでしょうね。笑
それに加え、石原都知事。あんたは、尋常じゃない。国民が払った税金で何をしとる?1回の出張に掛ける金額が半端じゃない。私は東京都民ではないですが、日本国民として声を大にして良いたいです。
それに、日本の企業。おばさんを侮ってはいけない!!おばさんほど日本を支えてくれる民はいないじゃないですか。やっぱり、そんなところでも昔からの(日本での)男女差別が仄かに漂ってる感じがします。あくまで、私個人の意見ですけれども。

こんな日本が未来永劫存在するのであれば、私は北朝鮮に核を打たれても構いませんね。一回、無くなるべきです。今の日本は腐ってるんですもん。日本の古い歴史がなくなるのはすっごく、すっごく悲しいですが、それでも良いと思います。
それこそ、神様にお願いしたいです。かの有名な『ノアの方舟』の様に、大洪水を起こしてくれないかな〜と。勿論、大企業のお偉いさんでも、私の様な暢気な人でもなく、おばさんが、生き残るべきです!!笑
| おれんぢ | 2006/12/11 5:48 PM |
おれんぢさん、コメントをいつもありがとうございます。とても嬉しいです。これにたいするコメントは新しい記事として載せましたのでそちらを読んでください。
| レッド金魚 | 2006/12/14 8:32 PM |
コメントする