英語でケンカする!

ロンドン在住。日頃イギリス人と派手にケンカしております。
でも英語でケンカは、日本人には不利。
一発で効く言葉、正しい論法、必ず勝てる方法を紹介します。負けないぞ!





このブログのすべての文章は著作権によって保護されています。
著作権保有者に無断での使用および転載は法律で禁じられています。
<< とんま、は英語でこういう(笑) | TOP | オバマが勃起?(笑)からかう英SUN >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
オバマ そして黒人差別 
白人の有権者がオバマを選びたくない最大の理由は、”人種”だろう。本当に黒人が大統領になってしまったらどうしよう、という不安である。あいつが上に立つのか?と。白人はあいつらを奴隷として運んできたのに、なぜだと。
そう、これは100年前なら天地がひっくり返るほどの事件なのだから。

この感覚は、旧型の日本男性が、優秀な女性の上司を迎えるのと似ている。女なんかに威張られてたまるかという染みついた思いが消せない。

女は”永遠に”自分の下に位置すると。(笑) 自分は無条件に女より上で、常に女より良い待遇を受けると。・・・・こう信じ続けていたのに、その劣等人種がが自分の上になって権限を持つことなど、どうしても許せないのである。

さあ、この「女」という文字を黒人に替えてみよう。それが今の旧型アメリカ白人の感覚である。

人種差別や人権にみなが敏感になり、いま多人種の国では、誰もが同じように接することがあたりまえとなった。
しかし集団になった場合は別で、急に黒対白という対立構造の中でものを考え、発言しはじめる。
「黒人は下品で能なし」「白人は偉ぶってるアホ」
となるのである。
いや、こんなのはまだ紳士的なほうだ。

黒人はサルと呼ばれ、白人は白ブタと呼ばれる。
でもこればかりは公の場でやったら非常にヤバイことになるため、他人の耳がない空間で行われる。たとえば車を運転中、黒人の歩行者にやおら「このサルども」などと始めるわけだ。

携帯電話会社WilcomのCMでチンパンジーを起用し、スーツを着せて演説するシーンでChange!とやったものがある。オバマを意味していることは一目瞭然だ。(youtubeで検索すればあります)
これがどんなにセンシティブな部分に触れているか、日本の制作者たちにはわからなかったのだろうか。
アメリカでこんなことをやれば暴動に発展することは間違いない。

このブログで紹介しているのはケンカ用語である。差別用語、侮蔑用語は出さない。
だから私はホワイトピッグとかファットとかモンキーとか、これからも書くつもりはない。実際使われていることは事実だがそれはルール違反の言葉であり、低俗な行為だ。

Swear wordは下品な言葉だ。でも低俗じゃない。下衆な根性で使えるもんじゃない。
差別と侮蔑をしない中でいかに相手をへこませるかがスキルである。


複数のswear wordの絶妙な組み合わせがリズム感を持って発音されるとき、人はこれをリスペクトさえするようになる。これを読む君たちも、練習して早くそうなるんだな。

さてアメリカの選挙の話だ。この選挙は米国建国以来の大事件であり、歴史に刻まれる誇らしい金字塔となるはずだ。

しかし
新しい血液を入れるとき、体は拒絶反応を起こす。
けれど必要なものとして新鮮な血液は受け入れられ、ほどなくして融和し新しい体を活性化し、細胞レベルからまったく新しい肉体を作っていく。

オバマは新しい血液となる。アメリカの、そして世界の。

神のご加護を…
God bless you


YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW / THE STYLISTICS



My love, I'll never find the words, my love
To tell you how I feel, my love
mere words could not explain
precious love
you held my life within your hands
created everything I am
Taught me how to live again
Only you
Came when I needed a friend
Believed in me through thick and thin
This song is for you
Filled with gratitude and love
God bless you
You make me feel brand new
For God bless me with you
You make me feel brand new
I sing this song cause' you
Make me feel brand new
| - | 23:45 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
こんにちは、おれんぢです。
最近、卒業研究が忙しくコメントが遅くなってしまいました><
私としたことが…!笑

アメリカ大統領選、オバマさんに決まりましたね。
安易な考えですが、"今こそ人種差別を見直すとき"と思い、本当に陰ながら彼を応援していました。笑
彼には、これからの政治経済において頑張ってほしいです。もちろん、それ以外の事に関しても期待しています。

人種もそうですが、性別での差別も大きな問題ですよね。
今日の金融危機で多くの企業がリストラや内定取り消しをせざるを得ない状況であるというのを、授業で取り上げて説明されました。
もう広島の大学で内定取り消しがあった様で、数年前にも3月の卒業式後に取り消しもあったと聞きました。

その中で気になったのが、企業はリストラする際にまず女性から切っていくということです。男女平等とした法律が制定されたのにも関わらず、やはり最初には女性が切り捨てられるという現実に恐怖を覚えました。
私はまだ社会を知らなかったのだな、と少し自分を恨めしく思ったり…。

完全に差別がなくなるとは思いませんが、次の世代に生まれてくる子ども達にはこんな醜い心を持つことのない様な世界があると良いなと思います。
本当に私のお得意、"楽天主義"ですが。笑

チンパンジーのCMありましたね!あからさますぎて、笑えました^^
金融機関やsoftbankのCMなどで旋風を巻き起こした『動物ブーム』に乗って、ただ「これ良いかも」と思って制作したのでしょうね。
こんなお気楽な考えが出来るのは日本ならではですね。きっと海外では動物の起用一つでも気を使って考えるのでしょうね。わざと、というのもあると思いますが。

言葉というのは、諸刃の剣ですね。
喧嘩する時に口で勝てるかとか、(不謹慎ですが)そういう少し遊び半分なのが良いんですよ。私的に。
その人間を存在から否定するために使うのではなくて。
出来れば、お互いの善し悪しすべてを尊重しあえれば問題なしですけども…!

YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW…いい歌ですね。
きっと歌の背景には様々な想いがあると思いますが、まだまだ理解できないので><
少しでも人の気持ちを読み取れる人間になりたいと思いました。
良い歌をありがとう御座いました!

それでは、また遊びに来ます!
| おれんぢ | 2008/11/08 3:02 PM |
おれんぢさん、丁寧なコメントいつもありがとうございます。

オバマ氏について、今後の経済危機の責任をオバマ氏に負わせるためにわざと彼に勝たせた。仕掛けたのはもちろんアメリカの支配層、という説もあります。
オバマが全部悪いということにして引きずり下ろし、その後に出てくるのはヒラリーとか何とか。

こういう話って世界の秘密、みたいにまことしやかに囁かれているけれど、負け犬の遠吠えに聞こえるんですよね。
米国大統領という立場の持つ権限は絶大なんだから、やっぱりその椅子に座る人間に最終的な決定権がある。
それに嫉妬してあれこれ言っていると考えられます。

それはやっぱり彼が黒人だからっていうのもある。日本でも女性の大臣は嫉妬からあれこれ言われる、あれと同じで黒人であるオバマさんが背負うものは白人大統領より確実に重いのですよね。

女性差別についても・・。
以前からブログを読んでくださっているおれんぢさんはおわかりですよね、私はかなり強力なフェミニストです。再び大学できちんと何か研究するなら今度はGenderで行きたいとこっそり思っているくらいです。
そうすればフェミニストにもいっそう分厚くハクが付くんじゃないかと。(笑)

日本は悲しいことに、先進国中ではもっとも男尊女卑の国であり、それをまた恥とも思わない国です。よく韓国のほうがもっとひどいと聞きますが、私の感触では違います。

韓国のほうがましです。若者が軍隊に強制的に行かされる数年間というのが彼らの意識に影響を与えているためでしょう。男女の差というか違いを皆に”現実として”自覚させるわけで、そのぶん男性は女性に優しいし、考え方が男っぽくなるわけですね。

日本の男性は自分の都合に応じて男女平等を使い分けるという点で、他国人に比べ精神が貧困と言えます。

実は、私の知人でこういう話を「とびきりの美談」として語る人がいます。

フリーターの男、看護婦の女。ろくに収入のない男だが二人は結婚して、妻は全力でこの夫を養いつづけた。
男はこの妻のおかげで5年後に弁理士試験に合格し、昨年から弁理士として働き始めている・・。

知人はこの話を私にしたことを忘れていて、今までに3回話してくれました。(笑)
ちなみにこの知人は、失業中の身です。お金を稼げる奥さんだったら俺もこんな風に暮らせたのにという気持ちが、彼にこの話を3回もさせることになったのでしょう。

普段の彼はとりあえずスーツを来て外出し、知人と「打ち合わせ」の名目で長々とお茶を飲んでいる…。失業していてヒマなのですが、家事は奥さんにまかせていて、自分はやらない主義です。

最近の日本の男は女に(妻に)家事労働プラス夫婦二人分の生活費を稼いでくれることを期待しているのでしょうか。
私の知る限りこれはヒモという名称ですが。(笑)

それではまた。次の更新は来週以降になります。しばらく外国に行きます。(笑)



| レッド金魚 | 2008/11/10 2:33 AM |
コメントする